道路の舗装工事をするなら業者選びが鍵になる

駐車場に欠かせない舗装

舗装工事にはいくつかの種類がありますが、日本で行われているのはコンクリート舗装とアスファルト舗装です。互いにメリットとデメリットがありますが、駐車場経営などでは耐久性に優れるコンクリート舗装が選ばれています。

舗装の種類とメリット

舗装にはいくつかの種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。しかし、ある程度の広さの舗装をするのであれば、アスファルト舗装に強みがあります。アスファルト舗装は仕上がり面もよく補修も簡単に行えるメリットがあります。

駐車場を舗装する

作業員

工事の手順と費用

駐車場や道路のアスファルト舗装工事は、ただアスファルトを流し込めば終わりではありません。まず地盤が軟らかいときは十分に締め固め、凹凸があれば平らに均します。その上に砕石を敷き詰め、アスファルト合材を施工します。手を抜いた舗装工事をすると、簡単にひび割れたり陥没したりすることがあるため要注意です。アスファルト舗装工事にはロードローラーやフィニッシャーなど、専用の重機を使用する必要があります。そのため、あまり狭い場所での作業には向いていません。一般にコンクリート舗装工事は単価が高く、養生が必要なので工期も長いと言われていますが、自宅前の小さな駐車スペースなどでは、かえって安くなる場合があります。反対に、比較的広い駐車場の舗装にはアスファルトが適しています。アスファルト舗装工事の最安値は、1平米あたり5千円ほどとされていますが、舗装面積が狭いほど割高になる傾向があります。また重機の搬入搬出費や、残土処分費などは別になることがあるので気をつけてください。契約前には業者から現地見積を取って、どこまでが工事費用に含まれているか確認します。地域や地形によって費用が変わる場合もあるので、疑問に思うことがあれば、納得できるまで説明を受けましょう。複数の業者が利用できるなら、相見積を取ってみるのも良い方法です。舗装する場所を事前に整地しておく必要はありませんが、動かせる物があれば撤去しておくとよいでしょう。

舗装工事を検討するなら

駐車場の環境を改善するために、アスファルト舗装工事を行ないましょう。必要な費用は敷地面積によって異なってきます。相場を把握しておけば、工事を依頼する際に安心できます。